2010年01月16日

電子書籍対応で出版界が新団体(時事通信)

 日本でも本格化が予想される電子書籍市場への対応に向け、講談社、小学館、角川書店、新潮社、文芸春秋など主要出版社21社が社団法人「日本電子書籍出版社協会」(仮称)を2月に発足させることが13日分かった。
 講談社広報室によると、同協会は2000年に主要出版社で設立した任意団体「電子文庫パブリ」を発展させ、法人格を持たせる形で継承。米国で話題の「キンドル」などの読書端末普及の動きに合わせ、電子出版の規格共通化や著作権団体との交渉、官公庁との意見交換などの窓口として活動していく。 

【関連ニュース】
小学「五年生」「六年生」休刊=春に漫画学習誌創刊
男性誌「sabra」休刊=小学館
漫画「あぶさん」主人公の景浦安武、引退セレモニー=ヤフードーム
「カムイ伝」9年ぶり新作
日本のポップカルチャー拠点がオープン=記念イベントに1000人集う

交通事故 凍結で車スリップ、川に転落 祖父と孫が水死(毎日新聞)
看護職員の確保・定着に積極的取り組みを−医政局(医療介護CBニュース)
<消費者ホットライン>全国運用始まる 共通番号で被害相談(毎日新聞)
明石歩道橋事故 検察官が意見陳述 元副署長の処分 近く議決(産経新聞)
聴取要請から1週間、小沢氏応じる姿勢なし(読売新聞)
posted by シバ ヨシミツ at 01:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。